メンズエステの契約は慎重に!注意すべき点

 

メンズエステの体験も終え、コース内容・料金にも納得。ではいよいよ契約です。

 

と、その前に!契約はその場ですぐに決めなくても大丈夫です。

家に帰って家族に相談したり、他のメンズエステの体験に行ってから決めても大丈夫です。

 

契約をする前には、コース内容の説明や有効期間、回数、施術にかかる費用、化粧品、入会金についてなど十分な説明がなされなければなりません。

 

また、何かあった時の解約制度などについても事前に知っておく必要があります。

 

ちょっと難しく面倒な事もありますが、メンズエステのコース料金は高額ですし、トラブル回避の為にも読んで頂きたいです。

 

 

メンズエステの契約書を書くときの注意点

メンズエステ 契約

メンズエステの契約書には日付を記入する欄があります。「エステサロンの方で記入します。」と言われる事があるかもしれませんが、必ず契約者本人が記入しましょう。

 

なぜなら、クーリングオフ制度(解約の制度)は契約日を基準に定めているので、エステサロン側の都合の良いように書かれてしまうかもしれません。

 

もちろんそのような事はあってはならない事ですし、言われる方が希ですが、本人が記入し出来上がった契約書にもしっかり目を通しておいて下さい。

 

また、契約書とは別に施術内容や回数、必要な化粧品の種類、ジェルなど、細かく書き出してもらった方が良いです。

 カウンセリング メンズエステ

 

メンズエステの契約書は自分でもしっかり管理する

 

エステサロンでは契約書上、マッサージや機械施術などの目には見えないサービスを「役務(えきむ)」と言います。

 

目には見えないからこそ、万が一トラブルになってしまった際に、やった、やらないの水掛け論にもなりかねません。消化した施術については日付なども記入して、ご自身でもわかるように管理しておいた方が安心です。

 

 

また、中途解約する際やコース内容の変更の際に、今まで消化した分と照らし合わせる時に必要になります。

 

メンズエステに途中で通えなくなってしまったら?

 

エステサロンは「特定商取引法」の対象なので、クーリングオフが可能な期間は契約日から8日間以内です。

 

対象とされるのは5万円以上の1ヶ月を超える役務契約です。

8日以降の中途解約もできるので安心して下さい。

 

体験後はフェイシャルが気持ちよくて眠くなったり、痩身で汗をかいて身体もポカポカして頭がポーっとしてしまい、なんとなく契約してしてしまった・・・。という事もあります。

 

メンズエステに通う事で少し浮かれてしまう事もあるかと思いますが、このまま通っていく事と万が一のトラブルがあった時の両面から知っておく事で、さらにに安心して通えます。

 

☆関連記事一覧☆

・メンズエステってどんな所?

・カウンセリングではどんな事聞かれるの?

・体験で無理に勧誘されたら?

・エステの施術は本当に効果はあるの?

・メンズエステは何するの?痩身のメニューと種類

・毛穴吸引でイチゴ鼻・黒ズミ対策!おすすめの体験コースと口コミをご紹介!

・メンズTBCの脱毛体験が半額500円でできる!