気になるワキガ!脱毛で改善できる?

 

わき毛の脱毛をすると‘‘ワキガが治る‘‘なんて聞いたことはないでしょうか。

 

脱毛をしたらワキガも治ったなんて一石二鳥な嬉しい話ですが、本当にワキガも治すことができるのでしょうか?

 

どうしてワキガになるの?臭いの元とは?

 

そもそも「ワキガ」とは、わきの下から特有の異臭を放つ状態のことを言います。

 

わきには‘‘アポクリン汗腺‘‘と‘‘エクリン汗腺‘‘という2つの汗腺があり、2つの汗腺から出た汗と皮脂腺から出る脂分が混ざり合って毛に付着し雑菌を繁殖させます。

 

繁殖した雑菌低脂肪酸やアンモニアに変化するため、悪臭の原因となります。

 

 

日本人の10~15人に1人がワキガと言われており、男性の方がワキガが多い・・・なんてイメージですがじつは男女比は同じなんです。

 

女性は大抵わき毛を処理しているので、雑菌を繁殖させる毛がないため臭うことはあまりないためです。

 

ワキガになる人の特徴はとして

 

  • 耳垢が湿っている(汗腺が多い)
  • わき毛が多く濃い(雑菌が繁殖しやすい)
  • 親や身内がワキガ(遺伝)
  • 肉類や脂っこい物を多く食べる(脂物や動物性たんぱく質の摂り過ぎは汗腺や皮脂腺を刺激しやすい)

 

ということが挙げられます。

 

体質的なことが大部分ですので、制汗剤だけでは効果はないんですね(^^;)

 

>>【メンズTBC】体験予約・詳細はこちら

 

どうして脱毛するとワキガが治るの?

 

 

一般的な脱毛サロンで行われている脱毛方法はフラッシュ脱毛(光脱毛)が一般的ですが、メンズTBCで行っている脱毛方法は‘‘美容電気脱毛‘‘という方法(ニードル脱毛とも呼ばれています。)を行っています。

 

美容電気脱毛は、脱毛する毛穴のひとつひとつにニードルという特殊な器具を挿入して微弱の電流(高周波)を流して毛乳頭を凝固させ、毛の生えるサイクルを止めます

 

 

ワキガの手術方法は色々ありますが、その中のひとつの‘‘電気凝固法‘‘という方法が美容電気脱毛方法と同じ方法になります。

 

電気凝固法は毛根を直接刺激することにより、臭いの元のアポクリン腺、汗腺のエクリエン線も凝固させるので汗の量を減らして臭いを軽減させます。

 

メスで切開しないので傷も残らず、日帰りでできるのでワキガ手術の中では人気で一般的な方法のようです。

 

脱毛の美容電気脱毛とワキガ手術の電気凝固法が同じ原理なため、脱毛をしたらワキガが治ったという方がいるのはこのためです。

 

しかし!誰でも効果が期待できることではありません。

 

そもそもわき毛脱毛はあくまでも脱毛ということで、ワキガの治療にはならないので本気でワキガを治療して治したい方は病院へ行って下さいね。

 

 

美容電気脱毛が受けられるのはメンズTBCだけ!

 

 

ダンディハウスでも美容電気脱毛を行っていますが、同じニードル脱毛でもブレンド方法という処理に時間のかかる方法です。

 

そのため、1回の施術時間が長くなり通う回数が増えてしまうため、ワキガ手術と同じ高周波法のメンズTBCをオススメします。

 

高周波方法は大手メンズエステではメンズTBCしか行っていません。

 

個人のエステサロンで行っているところもありますが、ほとんどが女性専用のため全国展開しているメンズTBCの方が店舗が探しやすいのではないでしょうか。

 

さらに体験料は1000円で、キャンペーン期間中は500円で体験することができます!

 

 

>>【メンズTBC】体験予約・詳細はこちら

メンズTBC 脱毛

 

・メンズTBCの脱毛体験が半額500円!

 

【メンズエステに行こう!口コミ・体験情報サイト】HOMEへ戻る