脱毛の副作用【毛嚢炎】を知って事前にリスクを回避!

 

脱毛の副作用の1つとして「毛嚢炎(もうのうえん)」という炎症があります。

 

毛穴がプツプツになるので、一見ニキビができたように見えますが、ニキビとは菌の種類や治療方法が違います

 

毛嚢炎ができてしまう原因や、できやすい部位などを知って、事前に対処できるようにしましょう!

 

毛嚢炎ってどうしてできるの?

毛嚢炎は、毛穴の奥にある毛包(もうほう)という毛根を包んでいる部分に「黄色ブドウ球菌」や「表皮ブドウ球菌」細菌が入り込んだことによって起こる炎症です。

 

 

ニキビの原因はアクネ菌なので、菌の種類が違っています。

 

毛嚢炎 黄色ブドウ球菌・表皮ブドウ球菌
ニキビ アクネ菌

 

表皮感染症の一種ですが、人から人へ感染するようなことはありません

しかし、毛嚢炎ができてしまったら公共のお風呂やプールに入るのは避けておきましょう。

 

毛嚢炎ができる主な原因は、

 

  • 免疫力が下がっている
  • 肌の状態が不衛生
  • 毛包がダメージをうけた

 

脱毛は光を照射するので、少なからず肌や毛根組織の毛包にダメージを与えてしまいます。

 

そのため、脱毛期間中は肌を清潔に保つことはもちろんですが、体調がすぐれないときは無理に脱毛せず、キャンセルしたり照射のパワーを低くしてもらい対処しましょう。

 

 

毛嚢炎ができやすいところ

毛嚢炎は「毛が太い」ところと「汗をかきやすい」ところにできると言われています。

 

  • ヒゲ
  • 陰部
  • 脇の下

 

陰部や脇の下は汗をかきやすくムレるので雑菌が繁殖しやすい部位です。

脱毛期間中は清潔に保つように心がけましょう!

 

 

毛嚢炎の対策方法

毛嚢炎の原因菌「黄色ブドウ球菌」と「表皮ブドウ球菌」は、肌に常在している菌なので、誰にでも起きる可能性があります。

 

脱毛期間中に気を付けて頂きたいことは、

 

  • 脱毛部位を清潔に保つ
  • ゴシゴシ洗わず、泡で優しく洗う
  • 保湿をして乾燥させない

 

以上のことに気を付けてください。

普段使っているカミソリやシェーバーのお手入れも忘れないように!(^^)!

 

もし、毛嚢炎ができてしまったら・・・

もし毛嚢炎ができてしまったら、自分で処置せずに脱毛サロンやエステに連絡をしてください!

 

エステによっては提携している病院を紹介してくれたり、治療費の負担をしてくれます。

 

【医療機関と提携している脱毛サロン】

リンクス

ボウズ

 

エステが休みで連絡ができない場合は、薬局の薬剤師に相談し、市販の抗生剤の購入をオススメします。

 

炎症で痛みがある場合は冷やして、入浴や激しい運動など体温が上がって汗が出るようなことは避けてください。

 

 

毛嚢炎は頻繁に起こるようなトラブルではありませんが、脱毛する上でこのような副作用があるということだけでも知っておいてください(^^)