脱毛でヤケドは起こる?リスクを事前に知っておこう!

脱毛のリスクとしてヤケドがあります。

 

肌トラブルが起こることは稀ですが、そのトラブルの中でもじつは一番多いのがヤケドなんです。

 

しかし、ヤケドをしてしまう原因を知っていれば回避できるトラブルなので、予防策を知っておきましょう。

 

 

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛(光脱毛)は、光を照射した時の熱によって、毛が導火線のような働きをして発毛組織に刺激を与えて発毛サイクルを止める方法です。

 

メラニン色素(毛の黒い部分)に反応するので、毛が濃く太いほど反応しやすく、細い毛や産毛は反応しづらいです。

 

そのため、細い毛は反応をよくするために、様子をみながら照射するレベルを上げていきますが、その時にレベルが高すぎるとヤケドをしてしまう恐れがあります。

 

メンズエステでの脱毛は、ヤケドのリスクを回避するために低いレベルで照射するようにしているので、その分回数を通わないと効果を実感できません。

 

早く効果を得たいからといって高い出力にしてもらうのは避けましょう!

 

 

美容電気脱毛

美容電気脱毛は発毛組織に微弱の電流で刺激を与えて発毛サイクルを止めます。

 

その時に使用する細い器具(プローブ)を毛穴に挿入しますが、プローブには絶縁加工がしてあるので、微弱電流を流してもヤケドの心配はありません!

 

しかし、こちらもレベルを上げ過ぎる肌や毛穴を傷める可能性があるので、低いレベルで様子を見ながら脱毛していきましょう。

 

 

ヤケドしやすい肌の状態とは?

肌質や肌の状態によっては、肌が赤くなりやすかったり、ヤケドしやすい方もいます。

 

  • 日焼けした後
  • 地黒
  • 極度に乾燥している

 

こういった肌の状態はヤケドの恐れがあるので、肌の状態が落ち着くまで脱毛できません(>_<)

 

脱毛期間中は、日焼けと乾燥に気を付けて、保湿を心がけましょう。

 

 

普段お肌のケアをしない男性の方でも、脱毛期間中だけは日焼け止めと保湿クリームは用意しておいてくださいね(^^)/

 

ヤケドしやすいケース 1

高いレベルの方が脱毛効果があるからと、痛みを我慢しながら受ける方もいます。

 

高いレベルの方が効果はありますが、肌トラブルを起こしてしまうと脱毛できなくなってしまうので、かえって完了まで時間がかかってしまいます。

 

もしも痛みを感じたら、我慢せずに伝えてくださいね!

 

ヤケドしやすいケース 2

一番気を付けて頂きたいのは、すでに数回通っている方が日焼けをして肌が落ち着いた後の脱毛です。

 

照射レベルは回数を重ねるごとに少しずつ上げていきます。そこで、もし日焼けをして数日経ったから大丈夫だとの自己判断で脱毛してしまうと、ヤケドしてしまう可能性があります。

 

「今まで何ともなかったから、今回もちょっと焼けたけど大丈夫だろう♪」なんて思わないでくださいね(>_<)一番ヤケドしやすい状態です!!

 

 

もしもヤケドしてしまったら・・・

 

フラッシュ脱毛は、照射し終わったあとに冷やして肌を鎮静させますが、それでも肌に赤みや腫れ痛みがあったらすぐにスタッフに伝えて下さい。

 

家に帰ってから肌の異変に気付いた場合も、すぐに連絡をして対処してもらいましょう。

 

ヤケドは表面上でわからない間に肌内部の組織を損傷させていくので、「これくらい大丈夫」と自己判断せずに速やかに連絡をして指示をしてもらうことが一番です!

 

メンズエステによっては、提携している医療機関を紹介してくれたり、治療費を負担してくれることもあります。

病院へ行く場合も診断書が必要になるかもしれないので、事前にメンズエステに連絡だけは入れておきましょう。

 

 

医療提携しているメンズエステ

メンズエステでは、医療機関と提携しているところがあります。

メンズエステ選びの1つのポイントとしてチェックしてみてください(^^)/

 

医療機関と提携している脱毛サロン