ニキビがあってもヒゲ脱毛はできるの?

ニキビやニキビ跡があってもヒゲ脱毛はできます!

 

しかし、ニキビとニキビ跡の状態によっては脱毛できない部分もあるので注意が必要です。

 

ニキビがあるけどヒゲ脱毛をしたい方に、脱毛するメリット注意点をご説明します(^^)/

 

ニキビがあっても脱毛できる!

じつはニキビと言っても4種類の症状があります。

 

でき始めたばかりの白ニキビ黒ニキビは脱毛できますが、炎症している赤ニキビ化膿している黄ニキビは脱毛することができません

 

脱毛は光の熱によって毛根組織に働きかけるので、ニキビが炎症や化膿しているときに照射してしまうと熱によって悪化させてしまいます(>_<)

 

そのため、ニキビに白いテープを貼って光が当たらないように隠してから照射します。

 

赤ニキビも黄ニキビも潰さずニキビ跡にならずに治れば、照射することができるのでご安心ください(*^^*)

 

管理人ナコ管理人ナコ

ヒゲ脱毛は5回以上通う必要があるので、その間に治せば大丈夫ですよ!

こんな場合でも脱毛できる?

ニキビの中からヒゲが生えている場合

照射すると炎症する恐れがあるので脱毛できません。

 

ニキビ跡

色素沈着してシミになっている箇所には照射できません。

フラッシュの光がメラミン(シミ)に反応してしまうので、シミが濃くなってしまうことがあります。

 

色素沈着がなく、肌が凹んでいるだけの場合は脱毛できます。

 

ニキビを治すのが先?脱毛が先?

脱毛すると肌がキレイになるとよく聞きます。

 

それは、、、

 

  • 毛がなくなると毛穴が引き締まって肌がスベスベになる
  • 照射する時の熱によって、肌内部でコラーゲンが再生される

 

この2点によってお肌はキレイになります。毛がなくなる上に肌がキレイになるなんて嬉しい副産物ですね(*^^*)

 

だからこそ、ニキビで肌荒れしている方はヒゲ脱毛をした方がいいのですが、炎症を起こしている時は、まずはニキビを治すことが先決です。

 

ニキビが数個だけの場合は、ニキビ部分を隠して照射すれば大丈夫ですが、広範囲に肌荒れしている場合は照射することが難しいので、脱毛サロンによっては断られてしまう可能性もあります。

 

ヒゲ脱毛するとニキビができにくくなるって本当?

脱毛をするとニキビができにくくなるのは本当です。

 

  • ヒゲ剃りを使わないから肌荒れしない
  • 毛がないからアクネ菌が繁殖しづらい

 

小さいニキビだと、うっかりカミソリで切ってしまうこともありますよね(^^;)

 

ヒゲ剃りは丁寧な手順で行わないと肌表面を傷付けてしまい、肌が刺激を受けやすくなるので肌荒れし、ニキビもできやすい状態です。

 

あご周りにニキビができやすい方は、ヒゲ剃りが原因だったかもしれません。

 

ヒゲ脱毛が完了すれば、ヒゲ対策とニキビ予防が一度にできるので一石二鳥ですね♪

 

しかし、脱毛直後の肌は肌荒れしやすい!

脱毛直後の肌は、肌内部に熱を持っているので乾燥して刺激を受けやすくなっています。

 

エステで何度も注意されると思いますが、脱毛後の日焼けと乾燥は厳禁です!

 

肌がデリケートな状態で乾燥をしていると、皮脂分泌が多くなりアクネ菌を発生してニキビができやすいので、脱毛後は日焼け止めと保湿を欠かさないようにしてください(*^^*)

 

おすすめ!男性用日焼け止め「ZIGEN」

 

まとめ

ニキビや肌荒れがあってもヒゲ脱毛は可能ですが、ニキビとニキビ跡の症状によっては、ヒゲ脱毛できない部分があります。

 

その場合は、シールで隠せば他の部分の脱毛は可能なので、炎症したり化膿しているニキビは早く治すことが先決です。

 

ニキビを治しながらヒゲ脱毛もしたい方は、メンズラパルレがおすすめです!

 

メンズラパルレには、ニキビ対策ができる「ニキビ内外コース」もあり、フラッシュ脱毛の行っているのでフェイシャルと脱毛が一度にできます(^^)/

 

ニキビの相談をしながら脱毛できるので早い対策が期待できそうですね。

 

フラッシュ脱毛は1,000円、ニキビ内外コースは3,000円で体験できます♪

 

>>メンズラパルレ 公式サイトはコチラ

 

おすすめ関連記事